製品情報

動圧型ドライガスシール/【 type PPG 】

製品カテゴリ

メカニカルシール

産業分野

石油精製・石油化学, 電力, オイル&ガス

使用機器

ポンプ, 撹拌機, コンプレッサ

回転環の回転により発生する圧力で数μmの浮上スキマを維持!

  • 製品説明

◆動圧型ドライガスシールメカニズム

 ・軸が回転することにより、回転環に刻まれたグルーブが

  シールリングとの間に圧力(動圧)を発生させます。

 ・この動圧により対向するシールリングは、

  スキマ数μmで浮上した状態を維持します。

  漏れ量、ラビリンスシール比1/1000以下

  動力損失ほぼゼロ⇒省エネルギー

  潤滑油不要・長寿命

    ⇒摩耗部品が少なく、省メンテナンス



◆ピラードライガスシール技術応用展開

ターボコンプレッサ用軸封装置としてスタンダードとなった

 『動圧型ドライガスシール技術』



日本ピラー工業には、この技術を応用し、コンプレッサ以外にも、液用シール、攪拌機上部シールなど

広範な軸封の課題を解決するソリューションがあります。

<主要型式と対応アプリケーション>

 ・PPG3S(高負荷用静止形シール)

   ⇒コンプレッサ・ブロア

 ・PPG1R(低負荷用回転形シール)

   ⇒ブロア・粉体シール・コンテインメントシール

 ・PPG7R(低負荷用回転形シール/アウトサイド)

   ⇒主にコンテインメントシール

 ・PPG4S(中負荷汎用静止形シール)

   ⇒液用(ポンプ)、攪拌機上部シール

 ・PPG6S(コンテインメントシール専用シール)

関連商品